土と水

アジサイを育てるには、土と水が重要になってきます。土の酸性度によって色が変わるからです。酸性度を調整して、自分好みの色を付けてみましょう。また、水やりも大切で、夏場は1日に2回水を与えるようにします。

病気や害虫

黒点病

葉に淡褐色、もしくは黒い斑点が出る病気です。葉が落葉してしまいます。病原菌は高温多湿を好むので、注意が必要です。また、窒素が多くなりすぎると病原菌が増えやすくなります。予防をしっかりと行いましょう。

炭そ菌

炭そ菌も葉に斑点ができる病気です。穴が空いたりもします。基本的に風雨によって伝染していく病気です。専用の薬剤を使うことで、予防や治療が行なえます。症状が出ていたら、園芸店などで相談してみましょう。

うどんこ病

花や葉が白くなる病気で、粉をまぶしたような見た目からうどんこ病と呼ばれています。光合成ができなくなってしまうので、アジサイが枯れてしまうのす。また、花も咲かなくなってしまうので注意しておきます。

ハダニ

ハダニは葉っぱにつく害虫です。基本的に感染すると、葉が茶色に変色してしまうでしょう。セロテープで直接ハダニを葉から剥がすことができます。また、巣や唐辛子を霧吹きで吹きかけるのも効果的です。簡単に退治できます。

カミキリムシ

カミキリムシは幼虫が問題です。幼虫はアジサイの根や幹を食い荒らします。特徴としては、株元に木くずを落とすことが多いでしょう。株元に木くずが落ちている場合は、殺虫剤などで退治するようにします。

アジサイの注意点

no.1

水切れ

よく言われていることですが、アジサイは水を好む植物です。梅雨を代表する花としても知られているでしょう。その為、水切れには特に注意が必要になります。鉢で育てる場合は水切れを起こしやすいので注意しましょう。

no.2

日当たりや寒風

アジサイの場合は午前中に日が当たり、午後には日陰になるような場所で育てるのが大切です。日光を当てすぎないように注意しましょう。室内なら窓辺が適しています。また、風が当たりやすい場所だと、寒い時期に枯れやすくなるのです。

no.3

肥料のタイミング

肥料を与えるタイミングはいくつかありますが、花が咲いてからは液体肥料を与えるようにしましょう。液体肥料を与えることで、よりたくさんの花が綺麗に咲きます。液体肥料は薄めて一週間に一度のペースで与えましょう。

no.4

剪定のタイミング

剪定をするタイミングについてですが、翌年の花芽がでる前がベストです。基本的に花が咲いてからすぐに剪定を行います。9月を過ぎると、翌年の花芽を切り落としてしまう可能性が高まるので注意しましょう。7月中に剪定してしまいます。

no.5

植え替え

植え替えも花が咲いた後に行います。基本的に剪定と同じようなタイミングで行うと良いでしょう。また、植え替えは2年に1回くらいのペースで行います。鉢植えの場合は根詰まりを起こしやすいので、植え替えが重要になるのです。

注意すべきこと

園芸用品

長い期間

アジサイを種から育てる場合には、長い時間がかかります。基本的に春になってから芽をだし、長い期間生きるのです。アジサイを種から育てるなら、3月頃からの準備が必要になります。6月頃に花が咲くので、管理する期間は長くなるのです。

カミキリムシ

カミキリムシの幼虫が発生すると、アジサイの根を食い荒らされてしまいます。基本的に植物は根を喰われると死んでしまうのです。その為、専用の防虫剤でカミキリムシの幼虫対策を施しましょう。時期的には7月から8月です。

日当たり

一般的に植物は日光を好みます。アジサイも同じです。ですが、育て方の注意点としては、あまり日光に当てすぎないようにすることでしょう。強い日光を浴びすぎてしまうと葉が焼けてしまうからです。日光を当てすぎないように注意しましょう。

冬に注意

アジサイは冬の時期、葉を落として枝だけになります。寒さに強い植物として知られていますが、寒すぎると枯れてしまうこともあるのです。葉がなくなっているので、寒さを防ぐことができません。風が当たりすぎないように注意しましょう。

鉢の大きさ

基本的にアジサイは根の成長が早い植物です。すぐに鉢の中で根が成長してしまうでしょう。そのため、鉢の植え替えが必要になってきます。植え替えの度に鉢のサイズを大きくしていきましょう。根詰まりを防ぐようにします。

緑を見る

最近、ガーデニングを始める方が増えてきています。理由としては、ストレスを解消することができるからでしょう。緑は目にも良いと言われています。また、心を落ち着かせてくれるのです。植物の緑を日常生活に取り入れることで癒しの効果を得ることができるでしょう。

広告募集中