道具は簡単に揃う

初心者でも簡単に道具を揃えることができます。基本的にホームセンターや園芸店で購入することができるでしょう。また、通販を使って道具を購入することもできます。自分に合った方法で道具を購入しましょう。

役立つ道具

no.1

シャベル

シャベルはガーデニングに必須の道具と呼べるでしょう。必ず必要になる場面が出てきます。土を掘ったり、花の苗を植えたりと様々なシーンで活躍するのです。ガーデニングを始める方は、まずシャベルを用意しておきましょう。

no.2

ジョウロ

水やりを行うのに欠かせない道具がジョウロです。ジョウロがあれば、ホースが届かない場所でも、植物に水やりをすることができるでしょう。持ち運びにも優れています。シャベルと同様に用意しておく必要がある道具でしょう。

no.3

ハサミ

これは、意外にも出番が多い道具です。植物の剪定などをする場合に特に役立ちます。さらに、ビニールやヒモを切ったりハサミがないと困ってしまうことも多くなるでしょう。また、袋やビニールひもなどを切るのにも必要になってきます。

no.4

手袋

土を触る仕事なので、かなり手が汚れてしまいます。気にならない方も少なくありませんが、手袋があったほうが作業が楽になるでしょう。いくつかの手袋を使い分ければ、他の道具を使う時にも土がつかず、汚れなくなります。

no.5

ハサミ入れ

腰のあたりにぶら下げることができるタイプを用意しておくと良いでしょう。ハサミを安全に持ち運ぶことができるので、便利です。また、ハサミなどの道具をいちいち取りに行かなくてすむようになるので、作業が捗ります。

道具の特徴

ブルーベリー

シャベルやスコップ

一般的に小さいほうがシャベルと呼ばれています。剣先が広いタイプと、細身のタイプがあります。初心者の方がアジサイを育てる場合は、剣先が細いタイプのシャベルが適しているでしょう。鉢植えでの作業にぴったりです。

ジョウロとは

持ち運びができるので、ホースがなくても植物に水やりができます。蓮口と言われる部分が取り外せるタイプのジョウロが便利でしょう。また、初心者の方には、3リットル程度の容量があるタイプが使いやすと言われています。

園芸ハサミ

ハサミについては色々と種類がありますが、基本的に園芸ハサミと呼ばれている物がベストです。ガーデニングでの利用に特化しています。歯が丈夫で、独特の形をしているのです。力も入れやすく、枝切や剪定には欠かせません。

園芸グローブ

ガーデニングでは園芸グローブと呼ばれる手袋が必要になります。ゴムでできた手袋をいくつか用意しておきましょう。ゴムは厚いので、怪我などの予防にも役立ちます。用途に応じて軍手なども用意しておくと便利です。

鉢と土

鉢は狭い所でガーデニングを楽しむのに適しています。アジサイを育てるのに便利でしょう。育て方としては簡単なので、鉢と土があれば良いのです。また、土はガーデニング専用の土が販売されているので初心者でも安心でしょう。

緑を見る

最近、ガーデニングを始める方が増えてきています。理由としては、ストレスを解消することができるからでしょう。緑は目にも良いと言われています。また、心を落ち着かせてくれるのです。植物の緑を日常生活に取り入れることで癒しの効果を得ることができるでしょう。

広告募集中